バリフの副作用は?

バリフの副作用は?

バリフは男性性機能の障害に対して働きかけが期待できる薬です。レビトラジェネリックに該当する薬なので、比較的、手が届きやすい価格であると言うのがひとつの特徴です。

またアルコールや食事の影響を受けにくく、かつ飲んだ後、速やかに効果を期待することができると言うのもバリフの特徴です。

有効成分として挙げられるのはバルデナフィルと呼ばれる成分で、これには男性器の筋肉の緊張を緩和し、その血流を促進させる作用があると言われています。

男性機能が十分に果たされるためには、男性器に血液が勢いよく流れ込むことが必要ですから、その点においてこの成分は作用が期待できると言うことです。

血流の滞りによる男性機能への障害と言うのは、体の機能の低下、あるいはストレスなどの精神的な原因、両方によって起こり得るものです。そのためバルデナフィルは、器質性、心因性、両方からくる男性機能の障害に対しての働きかけが期待できるとされています。

ただし気を付けたいのは副作用が起こるリスクもあると言う点です。具体的にどのような副作用が懸念されているのかと言うと、まず比較的、多いとされているのは頭痛と火照りです。

これは血管が拡張され血流が促進されることが原因です。他にも同じことを原因として動悸、息切れ、一時的な血圧の変動も多くみられる副作用の一例です。

ただしこのほとんどは、服薬後、数時間以内でおさまると言われています。ただし血管、血流に働きかけると言うことは、そこに対して疾病や支障を抱えている人は、その負担が増す恐れがあると考えられます。

このような場合、副作用が数時間で治まらないこともあり、命の危機に関わってしまう恐れもあるので注意が必要です。たとえば血管性疾患を患ったことがある人、今、現在、患っている人、あるいは血圧が高い人などは、事前に医師への相談が必要不可欠です。

それから視機能に対して副作用が出るリスクもあると言うのも、留意しておきたい点です。たとえば一過性の視覚障害として周囲が眩しく見える、青く見える、青と緑の色の区別がつかない、そして急激な視力の低下などがその一例としては挙げられます。

このような現象が見られた場合は、速やかに眼科医にかかることが必要です。それから勃起持続症と呼ばれる症状が出てくる場合もあります。

長時間、痛みを伴うほどの強い勃起が続き、最悪の場合には陰茎組織の損傷や喪失につながる恐れもあるとされています。いずれにしても、服用後、異常が見られた場合は速やかに医師に相談し、それ以上の服薬は避けるのが賢明です。