バリフとお酒は相性が悪い?

バリフとお酒は相性が悪い?

バリフはレビトラのジェネリック医薬品であるため同一成分で作られており、服用することでレビトラと同様の効果を得ることが出来るとされてます。

またレビトラはバイアグラの欠点ともいえる食事の影響を受けやすい点を改善して登場しましたので、カロリーや油分が少ないうどんやお寿司のような軽食であれば食事を楽しむことも出来ますし、軽めのお酒であれば飲酒しても効果を得ることが出来るとされています。

もちろんジェネリック医薬品であるバリフも、もちろんレビトラと同様に軽めであれば食事やお酒を楽しむことが出来、効果を得ることが出来るとされていますが、十分な効果を得るためには飲酒の量は大きく関係してきます。

お酒に含まれるアルコールは過剰に摂取すると感覚を鈍らせてしまい、深酔いしていると大怪我をしてもあまり痛みを感じなかった、という話しはよく聞きます。

この状態は性交渉に関しても同様のことが言え、本来であれば視覚的にも感覚的にも性的興奮を受けて勃起するはずなのに、深酔いすることでどちらの感覚も鈍ってしまい、勃起しなくなったり射精することが出来なくなったりすることは珍しくありません。

そしてED治療薬は服用することで必ず勃起する薬ではなく、勃起を邪魔する酵素の働きを阻害し陰茎への血流を改善する作用を持っています。

あくまでも勃起しやすい状態を体の中に作ることにあり、性的興奮を受けなければ勃起することは出来ません。それはバリフも同様です。

そのためせっかくバリフを服用しても、深酒をすることで勃起できなくなったり射精することが出来なくなれば意味がありません。

お酒の目安は緊張がほぐれる程度の量です。アルコールに対して強いか弱いかは個人差がありますので、ビール缶1本やワイングラス1杯の様にはっきりとこの量が良い、ということは表現することが難しいです。

そのためどれくらいの量を飲むと酔っぱらってしまうか、気持ちが少し盛り上がってくる量はどれくらいなのか、という部分を普段から確認しておくと安心して使用することができるかもしれません。

バイアグラは食事の影響を受けやすいため、食事を含めたデートを楽しむことが出来なかった、という欠点がありました。

パートナーと一緒により良い時間を過ごすためには軽めといっても、食事やお酒を含めたデートを楽しむことが出来ることは非常に重要なポイントですし、その点を解決することの出来るバリフはEDで悩む人にとって強い味方になるのかもしれません。